育毛剤のミノキシジルでウキウキ育毛生活

ミノキシジルの効果と使用方法

■今話題の育毛剤
ミノキシジルは、プロペシア錠とともに認知が拡大している人気の育毛剤です。錠剤と頭皮に液体を垂らして塗る外用薬があります。後者では市販の薬局薬店でアメリカのロゲインと日本のリアップが有名です。有効成分量が多いものは自費診療医院、または通販サイトを利用し、個人輸入でも手に入れる方法の2通りがあります。
また錠剤では副作用が危ぶまれるミノキシジルですが、どんなことに注意すれば快適に使用でき、確実な発毛を実現できるのでしょうか?

■ミノキシジルの発毛機序
プロペシア錠が抜けるのを防ぐ防衛型であるのに対し、本剤は抜けるのを防ぐ役割と血流増大などいわば攻撃型の2つの役割を担います。詳しくは、髪の毛につながる末梢血管の血流をUPし、毛乳頭へ栄養と酸素を豊富に運ぶことによって毛母細胞の細胞分裂を活性化し、発毛と育毛のダブル効果が育毛剤として有効な理由です。

■使い過ぎに注意!安全な使用方法
錠剤タイプについては外用薬よりも副作用が重症化しやすいため、医師の指示を受けて服用することをおススメします。
しかし、気になりますよね!ご参考までに錠剤を使用した場合の効果や丈夫な毛が生えるまでの過程をお噺をしますと、約3週間から1か月後くらいから薄毛部分に産毛が増え始め、3か月後には殆どの人が毛量が増えたと口にするそうです。
それとこれはロゲインにも言えますが、1か月を過ぎたくらいから一度抜け毛がごそっと増えるという副産物も!しかし、ここは我慢して、丈夫な毛の生まれ変わりを待つようにというのがセオリーです。忍耐が必要なんですね。
が、忍耐といえども、タブレットの場合は、3ヶ月以上にわたり長い使用で動悸が激しくなると報告されています。何か異変を感じたら、我慢は禁物です!
そしてロゲインの使い方ですが、朝晩1日2回1mlを気になる部分に垂らしすり込みます。こちらも大量に塗ればいいものではありません。使い過ぎには十分注意を払いましょう。